新日本プロレスの裏側のプロフェッショナルぶり

2019年1月22日(火)記

 

昨日ツイッターを眺めていたら、獣神サンダーライガー選手のツイートが非常に興味深く

 

 

新日本プロレス,裏側,プロフェッショナル

 

何気ないことなのかもしれませんが、裏側を見た思いで「ほぉぉぉ、そうなっているんだ」となりました。プロレス界一強の新日本プロレス。
こういった細かな演出や選手への指示などを見るにつけ、それもうなづけます。

 

細かなでいえば、会場でのグッズ販売会場の理路整然ぶりが凄い、と。

 

 

2018年7月14日「G1クライマックス開幕戦」大田区総合体育館のグッズ売り場

新日本プロレス,裏側,プロフェッショナル

 

2018年8月10日「G1クライマックス」日本武道館三連戦初日のグッズ売り場

新日本プロレス,裏側,プロフェッショナル

 

 

ユニットごとにしっかりわけられて配置されていあり、そして気配りだなぁと思うのがしっかりPOPを出して、どこに何があるのかわかるようになっている点。
「そんなの当たり前でしょ」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、90年代の新日本プロレスグッズ売り場とは大違い(苦笑)。
結構乱雑に配置されていあり、どこに何があるのかを人混みかき分けていたのはいい思い出(苦笑)。

 

こういった気配りが子供や女性ファンを着実に増やしている要因のひとつなんでしょうね(・∀・)b

 

 

クイックメニュー

TOPへ