新日本プロレス 2019.8.31 Royal Quest ロンドン大会 試合結果

新日本プロレス,2019.8.31,Royal Quest,ロンドン,大会 試合結果

 

新日本プロレス,2019.8.31,Royal Quest,ロンドン,大会 試合結果

 

 

新日本プロレス、2019年8月31日「NJPW Royal Quest」イギリス・ロンドン、ザ・カッパーボックス大会の試合結果です。

 

「IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカvs鈴木みのる」ロンドン初IWGP戦のメインイベントはオカダ・カズチカのレインメーカーから大勝利!
「ブリティッシュヘビー級選手権試合 ザック・セイバーJrvs棚橋弘至」はハイフライフローで棚橋弘至が異国でIWGP以外のベルト奪取!
「NEVER無差別選手権試合 石井智宏vsKENTA」はバレットクラブの介入からKENTAが王座強奪!「次は飯伏」の発言も!

 

大会DATA
大会名:「NJPW Royal Quest」
会場:イギリス/ロンドン ザ・カッパーボックス
開催日時:2019年8月31日(日)
観衆:6,119人(満員)

 

試合結果
第一試合

20分1本勝負

 

ロッキー・ロメロ&○SHO&YOH
(8分19秒、片エビ固め)
田口隆祐&海野翔太&●成田蓮

 

パワーブリーカーからの片エビ固めでSHOのピンフォール勝ち
第二試合

20分1本勝負

 

○飯伏幸太&ジュース・ロビンソン
(8分46秒、片エビ固め)
高橋裕二郎&●ヒクレオ

 

カミゴェからの片エビ固めで飯伏幸太のピンフォール勝ち
第三試合

30分1本勝負

 

○ウィル・オスプレイ&ロビー・イーグルス
(10分36秒、片エビ固め)
●石森太二&エル・ファンタズモ

 

雪崩式ダブルスパニッシュフライからの片エビ固めでウィル・オスプレイのピンフォール勝ち
第四試合

30分1本勝負

 

内藤哲也&○SANADA
(12分59秒、Skull End)
ジェイ・ホワイト&●チェーズ・オーエンズ

 

Skull EndでSANADAのギブアップ勝ち
第五試合 IWGPタッグ選手権試合

60分1本勝負

 

<王者>○タマ・トンガ&タンガ・ロア
(12分56秒、片エビ固め)
<挑戦者>マーク・デイビス&●カイル・フレッチャー

 

スーパーパワーボムからの片エビ固めでタマ・トンガのピンフォール勝ち、王者が5度目の防衛に成功
第六試合 NEVER無差別選手権試合

60分1本勝負

 

<挑戦者>○KENTA
(20分16秒、片エビ固め)
<王者>○石井智宏

 

go 2 sleep からの片エビ固めでKENTAのピンフォール勝ち、挑戦者が第27代王者に
セミファイナル ブリティッシュヘビー級選手権試合

60分1本勝負

 

<挑戦者>○棚橋弘至
(17分39秒、片エビ固め)
<王者>●ザック・セイバーJr

 

ハイフライフローからの片エビ固めで棚橋弘至のピンフォール勝ち、棚橋弘至が新王者に
メインイベント IWGPヘビー級選手権試合

60分1本勝負

 

<王者>○オカダ・カズチカ
(33分25秒、片エビ固め)
<挑戦者>●鈴木みのる

 

レインメーカーからの片エビ固めでオカダ・カズチカのピンフォール勝ち、王者が3度目の防衛に成功

 

「結果の現実」のメインイベントとセミファイナル

メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合。鈴木みのるの「地の利」を生かしてベルト奪取!と思っていただけにこの結果は意外。
セミファイナルのブリティッシュヘビー級選手権試合もザック・セイバーJrの王座防衛失敗→棚橋弘至新王者。鈴木軍の両者ともにイギリス人気が高いだけにこの2試合の「結果の現実」が深くみのる・ザックに突きつける−−−

 

 

10月14日両国国技館でオカダ・カズチカvsSANADAか?

IWGPヘビー級選手権試合の試合後、SANADAが登場!

 

 

G1クライマックスでオカダ・カズチカが唯一負けたのがSANADA。今年に入って「3月ニュージャパンカップ決勝戦」「5月レスリングどんたくIWGPヘビー級選手権試合」と2回激突。そして先日のG1クライマックス。この3試合でオカダ・カズチカの2勝1敗。

 

今年に入ってからのSANADA人気は本物で急上昇。内藤哲也もうかうかしてられないか?

 

今年4度目、そしてタイトルマッチとしては2回目となるIWGPヘビー級選手権試合オカダ・カズチカvsSANADAは、秋の決戦「KING OF PRO-WRESTLING」両国国技館か?

 

飯伏vsKENTAはデストラクションシリーズのどこかで実現か?ダブルタイトルマッチ??

NEVER無差別選手権試合は予想通り、バレットクラブ介入からのベルト強奪劇!この結果を受けてKENTAが「次は飯伏、お前だ」のNEXT発言が。権利証とNEVER王座ダブルタイトルマッチになる?
権利証とNEVERと言えば2013年、時のG1クライマックス覇者・内藤哲也と田中将斗でダブルタイトルマッチが実現済み。飯伏とNEVERは今年のイッテンヨンのウィル・オスプレイ戦で因縁めいたものがあるのでどうなるか・・・

 

クイックメニュー

TOPへ